ホーム > 提供サービス > 学認連携サービス
学認連携サービスについて
学認(学術認証フェデレーション)とは

学認(学術認証フェデレーション)は、全国の大学等とNII(国立情報学研究所)が連携して、学術認証フェデレーションの構築・運用が平成21年度から開始され、本学もこの認証連携に加盟しています。
学認とは、学術e-リソースを利用する大学、学術e-リソースを提供する機関・出版社等から構成された連合体のことです。各機関はフェデレーションが定めたポリシーを信頼しあうことにより、相互に認証連携してサービスを利用します。

学認でできること

本学が学認に参加することにより、本学の香大IDを用いて様々なサービスを利用することが可能になります。

  • 本学が契約している学認対応電子ジャーナルに学外ネットワークからアクセスできる
  • 他大学や他機関の学認対応サービスを利用できる
学認サービス対象者

本学に所属する学生および教職員

学認サービス利用方法概要

学認サービスは各提供機関が運用しているため、利用方法も各機関により異なりますが、認証までの大まかな流れは以下となります。

  • Webブラウザを用いて学認対応サービスのサイトにアクセスする
  • 所属機関一覧の画面で「香川大学」または「Kagawa University」を選択する
  • 認証画面で本学の香大IDとパスワードを入力する

詳細については、本ページ下部にある各サービスの認証用マニュアルをご覧ください。

学認サービス間ではシングルサインオンの機能が働きますので、一度ID・パスワードによる認証を行った後は、他のサービス利用時に再度IDやパスワードを入力する必要がありません。シングルサインオンはWebブラウザを閉じるまで有効です。

本学で利用可能な学認サービス
知プラe科目向けMoodle

大学連携Moodle 

愛媛大学Moodle

高知大学Moodle

徳島大学Moodle

鳴門教育大学Moodle

電子ジャーナル

Nature  

OUP Journal SAMS Shibboleth 2 SP 

Palgrave Macmillan 

ScienceDirect 

Scopus 

SpringerLink  

WILEY ONLINE LIBRARY

その他

LibrariE :電子ブックを提供する電子図書館サービス

Maruzen eBook Library :学術書籍に特化した機関向け電子書籍配信サービス

researchmap ※1:研究者が業績を管理・発信できるようにすることを目的としたデータベース型研究者総覧

NII FileSender ※2:大容量ファイル転送サービス(サービス提供機関:国立情報学研究所)

     利用方法はこちら(学内限定)

※1 教員向けサービスです。

※2 教職員向けサービスです。